潜在意識に働きかける|ヒプノセラピーで心を開放

どういうものなのか

婦人

ヒプノセラピーについて知っておこう

アメリカではカウンセリングと同様に癒しの効果があると考えられているのです。ヒプノセラピーでは、人を催眠状態に陥らせることにより、潜在意識に働きかけることでその人の悩みなどを解消することになります。催眠状態にするために、医師やセラピストがあなたの体に軽く触れることもあります。もし、体に触れられるのが嫌な場合は、事前にそのことを伝えるようにしましょう。体に触れずに催眠状態にする方法もあるので心配は要りません。

潜在意識や催眠状態とはどういうものか

実は、人間の意識には「顕在意識」と「潜在意識」があるのだそうです。顕在意識というのは、普段さまざまなことを考えている意識のことです。そして潜在意識とは、自分では自覚していない深い部分の意識ということになります。何と、人間が普段使っている顕在意識は全体で10%ぐらいであり、90%は潜在意識となっているのだということはよく知られています。ですから、潜在意識のもつパワーは大きいのです。人間は、無意識のうちにこの潜在意識によって支配されてしまっています。ヒプノセラピーは、そんな潜在意識に働きかけていくのです。催眠状態とは、顕在意識にも潜在意識にも働きかけることのできる状態をいいます。他人に言われたとおりのことをしてしまう状態ではありません。きちんと自分の意識がありますので、危険ではないということになります。

ウーマン

心を扱う資格

心の状態を扱う資格には様々な種類があります。メンタルケア心理士や、臨床心理士などは有名な資格で、多く心に問題や悩みを抱える人を助ける為に知識やスキルが使われています。